主婦・専業主婦の知っておかなければならない知識

専業主婦がキャッシングを利用するための方法

投稿日:

専業主婦の受け入れ先であった銀行カードローンが金融庁の規制で激減

現在仕事をしておらず、収入を得ていない専業主婦がキャッシングを利用するための方法には大きく分けて2つあります。

 

  • 配偶者貸付
  • 銀行カードローン

です。パートなどで安定した収入があれば消費者金融の利用も可能ですが、総量規制の規定が適用された関係から専業主婦の場合は消費者金融で融資を受けることはできません。そこで専業主婦がキャッシングを利用する場合は上記の方法のいずれかを選ぶ必要があります。

しかし冒頭にあったように、専業主婦の受け入れ先であった銀行カードローンが金融庁の規制で、申込めるカードローンが激減したのです。主要銀行カードローンは軒並み専業主婦の申込が不可能になり、一部地方銀行やネット銀行が受付けているのみになりました。

専業主婦が配偶者貸付に申込む場合

このうち「配偶者貸付」は、専業主婦が利用することを想定して作られた仕組みであり、配偶者の収入をもとに融資を受けることができます。この場合には配偶者との婚姻関係を証明する書類必要がですが、この仕組みを利用することで

 

夫婦の年収を合算した金額の3分の1を上限としてキャッシングの利用が可能です。


配偶者の収入をもとに融資を受けることになりますので、配偶者に安定した収入があるということが大きな条件となります。但し、この方法には配偶者との婚姻関係を証明する書類の他に夫の同意書や収入証明書など用意しなければならない書類が多く手続きも複雑です。

 

配偶者貸付だと夫に内緒というわけにはいかないなぁ・・・


そのため、消費者金融では配偶者貸付そのものを行っていないところも多く、主にクレジットカード会社が中心となって展開しているサービスとなっています。

専業主婦が銀行カードローンに申込む場合

もうひとつの方法である銀行カードローンの利用ですが、この場合は総量規制の対象ではないため、本人の収入に関係なく融資を受けることができます。専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があれば申し込むことができるようになっており、専業主婦がキャッシングを利用するという場合には、ほとんどがこの銀行カードローンを利用するといったケースが中心となっています。

この方法の場合も配偶者に安定した収入があるということが利用条件となっている他、既に多額の借入などがあるという場合には融資を受けることができないといったケースもあります。いずれにしても専業主婦であってもこうした仕組みを利用すればキャッシングが可能ということになります。

 

ただ前述のように、金融庁の規制により専業主婦の申込める銀行カードローンは激減しており、前項区で使えるものは殆どないに等しくなっています。


編集部で調査した現在でも専業主婦申込可能な銀行カードローンは以下の通りです。

現在でも専業主婦申込可能な銀行カードローン

カードローン名 金利 借入可能額
紀陽銀行カードローン+ 年3.8%~14.9% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 10万円~800万円

カテゴリー

最近の投稿

-主婦・専業主婦の知っておかなければならない知識

Copyright© 業者からお金を借りる前に※パートだからこそ気をつけたい選び方 , 2019 All Rights Reserved.