主婦・専業主婦の知っておかなければならない知識

第3号被保険者である専業主婦の年金はどうなるの?

投稿日:

専業主婦の方は、年金の第3号被保険者としての資格を有しているため、年金の保険料の支払いをせずとも基礎年金を受け取ることが可能です。但し、

 

第2号被保険者の配偶者であって20歳以上60歳未満であることが必要です。


加えて、健康保険上の被扶養者となっていないことが条件となります。ちなみに、健康保険上の被扶養者となるには、年間の収入が130万円未満であることが要件となっています。

第3号被保険者の要件とは?

第3号被保険者の保険料の支払いは配偶者が行っているものという誤解も少なくありませんが、第3号被保険者の要件に該当すれば保険料の支払いをせずとも老齢基礎年金を受給できるのです。

 

この点で専業主婦は他の年金支払い者よりも優遇されていると言えます。


しかし、この部分で共働き世帯の女性や、独身女性から不公平であるという批判が起こっているのも事実です。このような批判から第3号被保険者について長年議論されており、将来的には第3号被保険者の適用範囲を縮小する意見も出ているようです。

専業主婦の将来への備えのススメ

しかし将来の時点で完全に廃止するかについては言及がなされていない状況です。

 

  • 少子高齢化社会の進行と共に社会保障財源の増大
  • 徴収財源の減少

が確実視されている中で、年金財源の不足という事態も考えられます。その結果、第3号被保険者の廃止という状況も可能性が全くないとは言い切れません。万が一の将来に備え、専業主婦であっても

 

年金に代わるような貯蓄を進めておくことも一つの手かもしれません。


カテゴリー

最近の投稿

-主婦・専業主婦の知っておかなければならない知識

Copyright© 業者からお金を借りる前に※パートだからこそ気をつけたい選び方 , 2019 All Rights Reserved.