主婦がお金を借りる為の知識

主婦が借りれるカードローンの融資額

投稿日:

総量規制対象外である銀行のカードローンは、以前なら収入のない専業主婦でも申し込みが可能でした。しかし金融庁の規制を受けた銀行カードローンでは現在、収入のない専業主婦では申込む事はできません。

一方消費者金融等の貸金業者でも、総量規制があるので収入のない専業主婦は申し込む事が出来ません。ただし、総量規制には例外規定というものがあり、

 

その中の配偶者貸付に沿った金融商品であれば、専業主婦でも貸してもいいことになっています。


しかしなぜでしょう?消費者金融で専業主婦の申込めるカードローンの商品があるところはありませんよね?なぜなら、この配偶者貸付に沿った金融商品にするためには、

 

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票・戸籍謄本など)
  • 一定金額以上は配偶者の収入証明書

の専業主婦からの回収が必要となるので、申し込みの専業主婦の手間が掛かりすぎる、更には旦那に内緒で申込めないなどの理由で、需要がないと消費者金融の方で判断しているのです。

旦那さんにバレてもいいのなら、はじめから旦那さんにカードローンに申込んでもらって借りてもらったほうが早いですよね。消費者金融でも特殊なベルーナノーティスではこの配偶者貸付を行っているのですが、申し込みはあってもほとんど配偶者の同意書を提出する時点で挫折してしまうそうです。

パート主婦が借りれる金額の相場は?

前述のように収入のない専業主婦は借りれないことが判明したので、あとはパートで安定収入のある主婦しか借りれないことになります。

 

パート主婦だとどれくらいの融資額が見込めるのかなぁ・・・


銀行カードローンは審査が厳しくなっている事もあり、パート主婦が申し込めるのは消費者金融が妥当です。となると、消費者金融には総量規制があるので年収の1/3までしか借りることは出来ません

ですので毎月のパート収入が5万円の主婦であれば、

 

5万円×12ヶ月÷3=20万円ということで、借りれる金額は最大20万円ということになります。


銀行カードローンで専業主婦が申込む際に配偶者の安定した収入が必要だった理由

すでに銀行カードローンでは専業主婦は申込めない事は前述の通りです。ですが、なぜ銀行カードローンで専業主婦が申込む際に配偶者の安定した収入が必要だったのかを検証したいと思います。

銀行カードローンとしては毎月きちんと返済してくれるかという点が、専業主婦を審査する上で大きなポイントでした。融資を実行したものの万が一返済ができない状況に陥っては最悪銀行がリスクを負うことにもなりかねません。

 

少しだけでも融資希望額を上げて申込みしようかしら・・・


そのリスクの部分を少しでも抑える為に、限度額を予め低く設定するとともに、安定した収入がある配偶者を持つ主婦にしか融資を認めないようにしていたのです。例えば、利用可能限度額が高めに設定されていたとしても、

 

必要以上の借入を希望するのは審査では不利になる可能性がありますと案内するか、予め専業主婦の限度額を50万円以下に設定していたのです。


現在銀行カードローンはかなりの利用者を逃がしていますが、総量規制以後傍若無人に利用者を増やし続けていたしっぺ返しが来ているのです。

カテゴリー

最近の投稿

-主婦がお金を借りる為の知識

Copyright© 業者からお金を借りる前に※パートだからこそ気をつけたい選び方 , 2019 All Rights Reserved.