主婦がお金を借りる為の知識

主婦のカードローンの利用がその後に及ぼす影響

投稿日:

主婦がキャッシングを受ける場合というのは、その人が個人的に収入を得ているかどうかで選択肢が変わってきます。例えば、

 

収入を得ていない専業主婦の場合は総量規制の関係から消費者金融を利用することは事実上不可能です。


逆にパートやアルバイトなどで収入を得ているという人の場合は自身に安定した収入があるということで消費者金融など融資可能なカードローンの選択の幅が増えます。いずれにしても、主婦という立場だからといってカードローンの利用が難しいというわけではなく、

 

主婦だとカードローンは利用できないのかしら・・・


何らかの方法で融資を受けることができるようになっています。但し、カードローンを利用するということはその方法がどうであれお金を借りるということに変わりはありません。

カードローン利用後に影響する事って?

ここで注意したいのが、カードローンの利用をした後に住宅ローンなどの各種ローン商品の借入を受ける場合です。住宅ローンを利用するにあたり、配偶者の名義で融資を受けるということであればそれほど大きな影響はないでしょう。

 

住宅ローンを連名で申込む場合はどうなるのかなぁ・・・


しかし、配偶者の収入だけでは住宅ローンの利用ができない場合には連名で申し込むといった場合には少なからず影響がでてきます。この場合は配偶者の収入をはじめとする経歴にも審査で確認が行われることになりますので、

 

カードローンの利用をしていることも当然ながらチェックが入ることになります。


もしもカードローンの返済において滞納などがあったという場合には連名で住宅ローンに申し込んでいる以上は審査でも評価が低くなってしまいます。また、配偶者に内緒でカードローンの利用をしている場合、この段階で知られてしまう可能性も十分高くなります。

この住宅ローンというのはひとつの例でしかありませんが、この他にも

 

  • 自動車購入のためのローン
  • 教育ローン

などを利用する場合には何らかの影響がある可能性があることは理解しておきましょう。そのため、カードローンの利用については返済に滞納などがないように十分注意することが大切です。

カテゴリー

最近の投稿

-主婦がお金を借りる為の知識

Copyright© 業者からお金を借りる前に※パートだからこそ気をつけたい選び方 , 2019 All Rights Reserved.