主婦がお金を借りる為の知識

指定信用情報機関の役割

投稿日:

貸金業者による過剰な貸付を防ぎ、消費者を保護する必要性が高くなっています。そこで、指定信用情報機関という組織を設けて信用情報を適切に管理することになったのです。

指定信用情報機関に登録される情報が正確なものでなければ、適正な貸付を行うことができません。情報に変更があった場合などは、速やかに届け出ることが大切です。

指定信用情報機関の目的

また、指定信用情報機関と貸金業者とが連携し、情報交換を行うようにすることで、過剰な貸付を防止しやすくなります。指定信用情報機関には複数の組織があることに注意しなければなりません。代表的なものとしては、

 

CIC・JICC・CCBの3つが挙げられます。


それぞれの大きな違いは、管理している情報の内容です。CICは信販会社やクレジット会社系に関わる情報、JICCは消費者金融系に関わる情報、CCBは外資系や信販ローン系に関わる情報を管理する組織なのです。このうちCCBは、JICCと合併しました。

総量規制が施行される際に、申込者の他社借入を確認して、貸金業者の借入額を合算して年収の1/3以上貸してはいけないことになりましたので、この時に貸金業者の指定信用情報機関への加盟が義務付けられています。

信用情報の開示について

自分に関する信用情報を確認したい場合、所定の手続きに従って開示請求を行うことができます。開示請求の方法は、JICCとCICとで違いがあるので注意が必要です。

 

  • JICCの場合はスマートフォン・郵送・窓口
  • CICの場合はパソコン・スマートフォン・携帯電話・郵送・窓

で請求することができます。いずれの場合も、本人確認書類を提出しなければなりません。本人の請求であることを確認した上で情報開示がなされるのです。請求方法によって手続きの流れに違いがあるので個別に確認する必要があります。

カテゴリー

最近の投稿

-主婦がお金を借りる為の知識

Copyright© 業者からお金を借りる前に※パートだからこそ気をつけたい選び方 , 2019 All Rights Reserved.