パートでお金を借りる際に気をつけたい事とは?

パートでもお金を借りるためにカードローンの申し込みは可能

基本パートでもお金を借りるためにカードローンの申し込みは可能ですが、

 

パートでも安定収入が必要になります


安定収入というのは週何回とかのシフトに入っていて毎月定期的に収入が入ってくる状態の事ですから短期のパートとかではダメです。

パートでもお金を借りたい方が審査で注意しておく事

パートの場合は申込条件をクリアしても収入が少ないことに変わりがありません。ですから金利の低い銀行カードローンなどからすると、避けておきたいという銀行側の思惑があります。

ですからパートでもしっかり審査してくれる大手消費者金融がベストな申込先になります。大手消費者金融であれば、

 

  • メガバンクの保証会社なのでしっかり審査してくれる
  • 個人無担保貸付の歴史が長いのでしっかり審査してくれる
  • 無利息サービス(プロミス・アコム)がある
  • レディースキャッシング(プロミス)がある

というパートでお金を借りたい方にメリットがあります。

パートでお金を借りたいなら大手消費者金融

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年利 年4.5%~17.8%
借入可能額 最高500万円

誰にも申込がバレない(郵送物なし) WEB完結も対応可能!
パート主婦でも申込可能なプロミスではレディースキャッシングも用意しており、女性オペレーターが必ず対応してくれるというパート主婦に嬉しいサービスも展開しています。銀行カードローンでは厳しくなったパートでの申し込みの審査も、メガバンクの三井住友銀行をはじめとする銀行カードローンの保証会社の審査能力でパートでもしっかり審査してくれます。
銀行カードローンでは不可能になった即日融資もしっかり対応。振込融資に関しても全銀システムの振込可能時間・曜日の拡大に伴い、契約後にすぐに振込める金融機関も増えています(詳細はプロミスHPで)。また三井住友銀行・ジャパンネット銀行のいずれかの口座なら登録すれば24時間・365日最短10秒で振込可能瞬フリサービスもあります。
すぐにカードを発行したい場合も自動契約機が全国に約1,700台と、断トツで業界ナンバーワンの設置台数を誇りますので便利。初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)もありますので利息も圧縮され、パート先への在籍確認の電話も、別の確認方法での相談も可能なので電話連絡を回避することも可能なのもパート主婦には嬉しい限りです。

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年利 年3.0%~18.0%
借入可能額 最高800万円

アコムもパートでも安定収入があれば申込可能で、パートでは申込づらくなった銀行カードローンに代わって、メガバンクの三菱UFJ銀行をはじめとする銀行カードローンの保証会社を務める審査能力で、パートでもしっかり審査してくれます。
銀行カードローンでは不可能になった即日融資もしっかり対応。振込融資に関しても全銀システムの振込可能時間・曜日の拡大に伴い、契約後にすぐに振込める金融機関も増えています(詳細はアコムHPで)。またアコムは楽天銀行と提携しており、楽天銀行口座なら24時間・365日最短1分(メンテナンス時間を除く)で振込可能なサービスもあります。
すぐにカードを発行したい場合も自動契約機『むじんくん』が全国に約1,041台(平成30年4月現在)の設置台数を誇りますので便利。最大30日金利ゼロサービス(35日毎返済を選択することで利用可能)もありますので利息も圧縮され、パート主婦には嬉しいサービスになります。

短期のパートや専業主婦で収入のない方は?

パートをしている方といえば主婦の方ですよね?主婦なら収入のない専業主婦でも銀行カードローンなら配偶者信用で申し込みが可能だったのですが、

 

金融庁が銀行カードローンを規制しだしたおかげで、銀行カードローンでも専業主婦の申し込みが出来なくなってしまいました。


銀行カードローンには総量規制がない為、他業者の借入額の把握をしていた銀行も多くなく、バブル時代の消費者金融のように貸し過ぎ状態になってしまい自己破産者が増えた事で金融庁も放置できない状況となり、規制されることとなったのです。

この時点で他業者の借入状況の把握も必須となり、把握したからには総量規制よりも厳しい条件で審査することになってしまいますので、

 

銀行カードローンでは収入の少ないパート収入での借入も厳しくなってきます。


消費者金融ではもちろん、総量規制がありますのでお金を借りるどころか申込む事すらできません。しかしパートで安定収入があるのであれば、大手消費者金融に申し込む事が出来るので問題ないですよね。

パートの人がお金を借りる先を選ぶ場合に気をつけたいこと

パートの人がお金を借りる場合、気をつけたいのはやはりどういったところを選ぶべきか、という点です。お金を借りるにあたっては人それぞれ目的も異なりますし、融資を受ける先に対するニーズの違いというのもあることでしょう。参考はお金をネットで借りるならスマホ・PC・携帯で申込完結可能なカードローン。

実際にお金を借りる前に、こうした自身のニーズと目的というものを再確認しておくことが大切です。ここで注意したいのは、ある特定のニーズ「だけ」にとらわれずに考えるのではなく、自身のもつ目的やニーズを総合的に考えるという点です。たとえば

 

多くの人が考えるであろうニーズとして「スピード」


というものがありますが、少しでも早く借りたいという理由だけで選ぶと後でデメリットになる場合があります。お金を借りる時というのは最近では多くの業者でスピード融資ができる関係から、どこを選んでも利用開始まではすぐにできるのが現状です。

しかし、その後の返済についてはすぐにできないのが通常なのであり、パートの人の場合は特に毎月の収入が限られていることから、その後の返済についてもしっかりと考えておく必要があります。少しでも早く借りることだけを目的に利用してしまうと、思ったよりも金利が高かったり、あるいは

 

経営母体が定かではないような業者を利用していたりしているケースに陥ってしまう可能性があります。


特に審査スピードが早いところというのは、審査そのものをしっかりとしていない可能性も少なからずありますので、その後の長い返済期間を考えれば安心して利用できるところを選ぶ必要があるのは言うまでもないでしょう。

消費者金融でお金を借りるのであれば、アコムやプロミスなどのように大手で知名度も高い業者を選ぶと安心して利用することができます。

銀行でお金を借りる場合には、できれば地方銀行よりも大手都市銀行が安心感という意味では優れているのですが、審査に時間がかかる場合もありますので利用に際しては若干注意が必要です。

いずれにしても、パート収入で消費者金融でお金を借りる場合には何が最も重要なのかを考えて選ぶことが大切です。

パートでもお金を借りることができるかのQ&A

 

パートでもお金を借りることができますか?


消費者金融や銀行ではパートでもお金を借りることができますが消費者金融では専業主婦は申込めません。ここで注意したいのは「パートで収入を得ている人であっても融資対象である」という点であり、パートだからといって無条件にお金を借りることができるというわけではありません。

ではパートがお金を借りるために必要な条件は何かということですがひとつは、

 

「安定した収入」があるかどうかという点です。


パートですので毎月一定の金額が決まった日に収入として得ているとは思いますが、これが「毎月一定」でない場合は果たして「安定した収入」といえるでしょうか。

お金を借りるということは、毎月決まった日に借りた分の返済するということでもありますので、安定した収入を得ていなければ返済もままなりません。次に重視されるのが「勤続年数」です。パートといえど、お金を借りることになるのですから

 

銀行や消費者金融業者に対して「信用」してもらう事ができなければお金を借りることは到底無理な話です。


融資を行う業者側からすれば今日初めて出会うような人ですから、何をもって信用するのかといえばその人の持っている経歴です。

たとえば昨日今日パートの仕事を始めた人と、パートとしてその職場で数年働いている人とでは、信用の度合いが大きく違ってきます。具体的に何日以上の勤務実績があればよいというわけではありませんが、おおよそ半年以上は勤務実績があると望ましいでしょう。

さきほど「経歴」という言葉が出てきましたが、ここでいう経歴とは、収入に限ったことではありません。他の業者からの借入の有無も「経歴」として審査で確認されることになります。

パートで収入を得ている人の場合はどうしても収入を得ている金額が正社員で働いている人に比べると少なくなりがちです。そのため、他から借入を受けていればそれだけでも返済が難しくなりますし、実際に融資を受けることができる金額も少なくなります。

パートでもお金を借りることそのものは可能ですが、そのためにクリアすべき条件としては以上のようなものが考えられますが、総量規制対象外のカードローンでは対象となりません。

現在ではパートでも借入することができる

消費者金融というものが身近になり、実際に多くの人が利用できるようになっている最近では、誰でも手軽にそうしたところから借入を受けることができるようになりました。その背景には長引く不況と、いろんな立場の人が「まとまったお金」が必要になっているといった時代背景も影響していると考えることができます。

時代というものは絶えず変化し続けており、こうした変化に柔軟に対応し続ける姿勢というものは人間も企業も同じことであり、これは消費者金融業者であっても同様です。たとえばパートが主な収入源となっている人であっても消費者金融を利用して借入を受けることができるのは、時代の変化にそれぞれの消費者金融業者が対応してきたからといえるのではないでしょうか。

言うまでもなく、消費者金融という職業は、融資したお金の返済時に支払われる「利息」で利益を得ることを目的としています。そのため、返済される可能性が低い人に対して融資を行っていては経営が成り立たなくなるのであり、それを防ぐために融資の段階で「審査」というものを行っているのですが、かつてはパートで収入を得ている人の場合はその審査に通ることがなく融資を受けることができない時代というものがありました。

最近ではパートであっても他の消費者金融などからの借入がなかったり、あるいは希望金額がそれほど高額でなければほとんど問題なくパートでキャッシングをすることができます。

パートで働かざるをえない人が増えていたり、パートであっても正社員と同程度の収入を得ている人がいるといったことも関係していると思われますが、消費者金融などがパートへの貸付を行っている背景には、前述のように業者サイドが時代の変化に対応してきたといえるでしょう。

とはいえ、消費者金融業者にとってパートという立場が正社員よりも上位というわけではありませんのでクレジットカード審査においても不利ですがそういったどちらの場面にも活躍するのがアコムマスターカードです。

そのため、融資可能な金額については一定の制限が設けられており、法的にも規制がかけられていますので無制限に利用できるものではないことを理解しておくべきですが、プロミス・アコムでは申込可能なことを知っておいて損はないでしょう。

参照サイト:金融庁専業主婦は即日融資できる?パートで即日融資できる?

銀行と消費者金融のどちらがパートをしている主婦にはおすすめ?

パートをしている主婦の人がお金を借りる場合、どこを選ぶべきかというのは大きなポイントとなります。基本的には消費者金融か銀行カードローンのどちらかを選ぶことになるのですが、主婦の場合はどちらがおすすめなのかということについて考えてみましょう。

主婦の人がお金を借りる場合、どこから借りるかを考える前に優先順位を考えます。ここでいう優先順位とは、

 

  • 早く借りることか?
  • その後の返済のしやすさか?

どちらをお金を借りる時に重視をするかということです。早くお金を借りることをとにかく優先するということであれば、消費者金融が最適な選択となりますし、その後の返済のしやすさで考えるなら銀行カードローンが第一候補となります。

 

ただし、金融庁の銀行カードローン規制後は銀行カードローンの審査は非常に厳しくなっています


金融庁の調査で銀行カードローンの審査に於いて、しっかり他業者の借入残高を把握せずに貸している銀行が大半を占めていることがわかり、銀行の信用情報機関はもちろんのこと、貸金業者の信用情報機関でもしっかり借入残高を調査するようになりました。

 

ただし、金融庁の銀行カードローン規制後は銀行カードローンの審査は非常に厳しくなっています


また審査基準に於いても指摘され、銀行カードローンの審査基準はかなり上がってしまい、金融庁の規制前と比べると審査通過率もかなり下がっています

 

金融庁の目的は自己破産者を減らすことですから、返済のしんどいパートなどの収入の低い方は尚更審査は厳しくなります。


もちろん消費者金融であってもパートやアルバイトで安定した収入があることが条件となりますが、その収入については決して多くはないのが現状です。

銀行カードローンと消費者金融のそれぞれのメリット

限られた収入の中で借入や返済を考えなければならないのが主婦という立場であり、それだけにお金を借りる場合の優先順位も考えていく必要があります。パートの場合は審査が厳しくなった事で銀行カードローンを選択しにくくなってしまいました。

 

さらに銀行カードローンでは即日融資も不可能になってしまいましたので、早くお金を借りたいパートの方にとってはあまりメリットはありません。


パート収入の方も他の方もそうですが、なるべくお金なんか借りないに越したことはないので、ギリギリまで我慢します。いざ申込となった時にはすぐ必要になったときですので、即日融資が不可能な銀行カードローンでは役に立たないことがほとんどです。

一方消費者金融の場合はほとんどの業者で即日融資を受けることができるうえ、

 

土日や祝日でも平日とほぼ変わらないサービスを受けることができます。


全銀システムの変更で振込可能時間が拡大しましたが、このことにより消費者金融は更に振込融資に於いて便利になりましたが、銀行カードローンの方は銀行同士のしがらみで、他銀行グループの口座への振込融資はできないようになっています。

また営業時間が長いことも消費者金融のメリットですので、時間を気にすることなくキャッシングの申し込みができます。銀行カードローンの場合は低金利でお金を借りる事ができますので、返済時における利息の支払いを少なくする事ができます。

 

大手消費者金融であれば無利息サービスがあるので、早期完済することによって利息を抑えることも出来ますが、そもそも低い借入額ではそれ程利息は変わりません。


返済方法についても、ATMでの直接返済をはじめ銀行口座からの自動引き落としなども利用することができ、手軽に返済を進めることができるようになっています。消費者金融と銀行カードローンにはそれぞれデメリットもありますが、どちらかを選ぶ場合はデメリットよりもメリットで比較した方が選びやすいです。

主婦がお金を借りる場合において最適な利用先を選ぶ意味で、自身がどういったニーズをもっているかということを考えても消費者金融、特に無利息サービスのある大手消費者金融が最適という事が言えるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融の主婦がお金を借りるなら選ぶのはどっち?

パートなどで安定した収入を得ている主婦であれば、カードローンが利用できる選択肢の幅は大きく広がります。たとえばクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りるといったこともできるようになるのですが、ここで気になるのは、

 

クレジットカードのキャッシング枠の利用と消費者金融などのカードローンを利用とではどちらがお得かという点です。


前提となるのは主婦の場合はいずれのケースであってもそれほど高額の融資を受けることはできないという点です。

専業主婦はどちらを利用するのも不可能

いくら収入が安定して入ってくるという状態であってもその金額については会社員として働いているという人に比べると決して多くはありません。また、クレジットカードであっても消費者金融であっても総量規制の適用を受けますので、

 

収入のない専業主婦はクレカのキャッシング枠も消費者金融も利用できないのです。


年収の3分の1が融資可能な上限であるということに変わりはありません。クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合、基本的には設定されているショッピング枠の金額からキャッシングとして利用できる分を利用するという仕組みです。

クレジットカードのキャッシング枠の仕組み

たとえばショッピング枠が30万円あったとして、キャッシング枠を10万円利用する場合というのは、ショッピング枠として利用できる金額は30万円から10万円を差し引いた20万円となります。

 

キャッシング枠を使い過ぎるとその分クレジットカードでショッピングができる金額が少なくなります。


これがクレジットカードのキャッシング枠の仕組みです。この点をクレジットカードのキャッシング枠におけるデメリットと考えるかどうかはともかくとして、もうひとつの注意点といえるのが融資実行までの時間です。

 

できるだけ早く融資を受けたいんだけど・・・


クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合であっても審査は必要ですが、その結果が出るまでの時間については決して短くないのが現状です。こうした理由から、少しでも早く融資を受けたいという主婦にとっては、

 

やはり即日融資に特化している消費者金融のカードローンを選択することになります。


クレジットカードのキャッシング枠よりも消費者金融などのカードローンの方が使いやすいといえるかもしれません。

主婦のお金を借りる先の選び方

パートをしている主婦の人がお金を借りたい、と思った場合に最初に考えるべきことは、どこを利用してお金を借りるのかという業者の選び方です。そのうえでまず確認すべきことは、現在の自身のおかれている状況です。

 

専業主婦なんだけど消費者金融に申込めないのかなぁ・・・


例えば、毎月パートやアルバイトなどで安定した収入を得ているということであれば、申込可能な業者を選択する幅はかなり広がります。銀行カードローンをはじめ、消費者金融、クレジットカード会社などから融資を受けられる可能性がありますが、この場合には

 

毎月どれぐらいの収入があるかを考える必要もあります。


毎月の収入の中からカードローンへの返済分を充てることになりますので、そこからいくらまでなら無理なく返済できるのかを考えます。次に返済の方法について自身にとって最適な方法が選べるカードローン業者を選びましょう。

最適な返済方法ができる利用先を選ぶ

毎月ATMで返済をするのであれば、返済しやすい立地にあるところを選ぶ必要がありますし、自動引き落としを考えているのであればその方法が選べるところに相談することになります。この収入と返済方法とのバランスを考えるだけでも

 

主婦に最適なカードローン業者がある程度のライン迄見えてくるでしょう。


専業主婦はキャッシング利用先がない

次に毎月安定した収入を得ていないという、いわゆる専業主婦の場合となると、逆に利用可能なところがありません。事実上銀行カードローンのみという選択肢がありましたが、前述のように、

 

金融庁の規制により、収入のない専業主婦への貸し出しは自粛され、事実上貸し出せなくなっています。


2017年初頭までは銀行カードローンでも大々的に、配偶者の収入を加味して専業主婦に貸し出していたのですが、やはり自己破産者の増加は無視できず、その中でも専業主婦が含まれていた事実からも金融庁も規制せざるを得ません。

カードローンもいよいよもって、安定収入がなければ申し込みできなくなりましたし、おまとめローンで自転車操業も出来なくなってきました。もちろん世間的には正しいとされる規制なのですが、

 

どうしても必要な場合は信頼できる方に、しっかり入用を説明して返済計画を話し、信用してもらって借りる方法しかなくなっています。


もちろん主婦の場合はここに旦那さんが含まれますので、内緒で借りようと思わずにしっかり旦那さんと話し合うことが重要になってきます。

パート収入でお金を借りた体験談

子供は大きくなればなるほどかかるお金も大きくなる

 

子育てにはお金がかかるというイメージがありますよね。しかし一口に子育てといってもその子の年齢によってかかるお金は大きく変わります。まず、赤ちゃんの頃から幼児期にかけてはそれほどお金はかかりません。自宅で両親が子育てしているのですから当然ですよね。

病院の診察代は子供が小さい頃は自治体が助成してくれるところが多いので、かかる費用と言えば洋服代やおむつ代・ミルク代が主です。夫婦二人だけのときと比べたら平均して月1万~2万円の出費増となるようです。ただし夫婦共働きで子供を保育園に入れなければならないときは別です。

年収にもよりますが、保育園料も確保できれば良心的で一人目で2~4万円、二人目で1~3万円の保育園料がかかってしまいます。その費用も子供が小学生に上がればなくなるので少し家計は楽になるでしょう。ただし小学生の帰宅は早く1人で家に残すのは危険なため、学童保育に頼る親も多いようです。これには月数千円かかります。

そして子供がどんどん大きくなると習い事やそれに関わる出費が増えます。塾の費用もありますし、スポーツをすれば月謝に加えて道具もそろえなければなりません。子供ってお金がかかるなと実感するのはこのぐらいの時期からでしょうか。

小学校高学年から中学生ぐらいになると習い事や塾に加えてスマホを持ちたがったり、お小遣いをあげなければいけなかったりで出費はさらに増えます。受験を控えている中三ともなると塾代や塾の合宿費用に頭を悩ませることになります。また、私立高校に入るとなると月謝は平均6万円です。大学進学となれば数百万円が一気に飛んでいきます。

親は大変ですよね。子育てはお金がかかるのでどうしても困ってしまうことはあると思います。そんな時の為に自分の収入で借入ができるようパートをしていたのが功を奏しました。勿論貯蓄もありましたが、パート代と貯蓄だけでは子供を思うように育てることはできません。

私の場合はパートでも早く借りれる大手消費者金融で借手、その後は節約して早めに返済できるよう心がけました。これがパートでお金を借りる成功の秘訣ですね。


離婚したら元夫と子供の関係をどうするの?

 

離婚したら子供との関係はどうしたら良いか分からないという方も多いと思います。そういう方に言えるのはいくら親が離婚したからと言っても元夫と子供の関係が壊れるという事はないという事です。その事だけはしっかり認識して欲しいと思います。そうしないと親が離婚したら元夫と子供の関係まで終わってしまうという風に考える人が多くなってしまうからです。

ですが、現実は両親が離婚したら大抵元夫と子供の関係も終わってしまう事が多々あります。それはどうしてかというと、これは結局親のエゴからきています。つまり離婚したらいくら元夫が子供に会いたいと言ったところで子供を引き取った母親の方が元夫に子供に会わせないようにする事が多いです。

それはどうしてかというと、一度離婚してしまうと女性の側はもう元夫と会いたくないという気持ちが大きいからです。ですから、子供が定期的に元夫と会うのもいやだと思うわけです。ですが、それは所詮自分が元夫との関係を終わらせたいと思っているだけで、子供の気持ちは全く考えていないです。ですから、離婚した後においても子供の健やかな成長を願うならもう会いたくない元夫と子供を定期的に会わせるのも良いです。

それで少なくとも自分はストレスを感じても子供の重要な時期にちゃんと父親がいるという風に感じる事ができる機会があればお子さんの健やかな成長に役に立つのは間違いないです。ですから、離婚後も子供と元夫の関係はそれまでと全く同じでなくても定期的に会うようにするのが良いです。

その時に元旦那に気を遣わなくても言いように、しっかりパートしてつなぎの融資は受けられるようにしておきました。早く返済できましたがピンチは何度も来るので複数回お金を借りてしまってますね。


Copyright© 業者からお金を借りる前に※パートだからこそ気をつけたい選び方 , 2018 All Rights Reserved.